音楽とBKKと江戸

アクセスカウンタ

zoom RSS バンコクのセール情報

<<   作成日時 : 2013/12/06 23:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

数年しか滞在しない、駐在の人たちの、恐るべし情報量。 それはそれは、驚きです。

ジムトンのセールこそ知ってるけど、人だかりに混じれない私は、参加無理。 TVで見るような、引っ張り合いなんて、勝てる気がしない。

最近知ったのが、プラスチックの有名ブランドを扱ってるという食器工場のSuper Wear。

どうりで、どこのお家でも見かけたわけだ。 

GIft フェア のセールもあるらしい。 

私といえば、デパート系のセールは行くこともあるけど、それ以外は普通にスーパーで購入。

ジムトンのバンコクのアウトレットへ行ったこともない。 パタヤのジムトンのアウトレットは転勤中に、日本からタイに遊びに来て行ったというくらい。

東京の事務所に転勤になったその間は、ANAホテルで開かれる、10カ国くらいだったかな?の大使館員奥さん部が、無償で働かされるチャリティーに、タイ国は、ジムトンの製品も出品している。ナラヤの製品みないな感じのものも大量に出品する。

その準備は、本当に大変で、もっと大変なのが、当日のセールの売り子。 売り子の経験がない、その恐ろしさを知らない私は、1番五月蝿そうな公使おばさんから、あなたは何々の売り場” と命令された。 すぐ、やさしい別の公使夫人が、かわいそうね、がんばりなさいね。 とその時は意味不明の私に、やさしいコトバをかけてくれた。

そう、1番忙しい売り場担当となって、夕方の終了時間まで、朝から一切の休憩なしで、働かされた。 確か大使婦人が昼食を誰かに購入しておきなさいと言ってたな〜、でもお昼のこと聞きに行ったら、”まだ食べてなかったの! もう何もないよ。” 仕方が無いから、残り物の、フィジーだったか、パウンドケーキを買って、そこのブースで食べさせてもらった。 フィジーは人数が少なく、大使婦人が普通に売り子してた。 

南洋系の人は大らかでやさしい。 

その年のラオスの大使婦人は、日本人だった。 ほぉ〜


そういえば、タイの人たちも、合羽橋のことや、タケイヤ?(上野付近にある激安ショップ)のなど、東京生まれの東京育ちの私が知らないことをたくさん知っていた。都下育ちは、情報に疎い???

大使婦人に、東京で運転していることに驚かれたけど(驚くところが違うよ)。 合羽橋を知ってるほうがすごい。
と思ったら、チャリティーで毎年大量のタイ料理などを出すから、引き継がれているようです。 多分他の国も合羽橋に買いに行くのでしょう。

公務員が優遇されている日本や他のおカネもちの国と違って、タイの公務員は激貧薄給で有名。 王族出身の大使婦人でもTG職員には頭を下げる。 日本と違って、たとえ大使婦人でもTG職員のようないい席には乗れません。 そこを、TG職員にお願いするわけです。

ところ変われば、ですが、どこでも他国へ住む駐在員婦人の情報量はたいしたもんだ。

私は、もっぱら東京近郊のアウトレット専門です。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。バンコクのブログを読んでたらコチラのブログに辿り着きました。写真が綺麗でオシャレなブログですね。羨ましいです。
萌音
2014/03/10 14:15
かつてはパワーポイントのことを、ピンポイントと言って化石とまで云われたレベルです。何をするのも手探りで、簡単なことでも何時間もかかって、何か出来たら大喜びしています。羨ましいなんてとんでもありません。でも有難うです!
管理人
2014/03/30 19:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
バンコクのセール情報 音楽とBKKと江戸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる