音楽とBKKと江戸

アクセスカウンタ

zoom RSS バードの王様の歌 いい時代のタイの風景

<<   作成日時 : 2016/10/26 23:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

これが、バードの歌のオリジナルの動画でしょうか。
歌は、子どもが”どうしてどの家にも王様の写真があるの?”から始まります。

2昔前までは、バンコクでも新天地を求め、中国から渡ってきた中国人の一世がまだ生きていました。
極貧から這い出るために、バンコクへ移り住み、のん気なタイ人をとっとと追い抜き、一世が生活の地盤を固めた最後の時代だったかもしれません。

そんな、お爺さん、お婆さん、は、優しかった。

しかし、極貧で苦労した世代が姿を消し、あとに残った2世は華僑の性質をむき出して、華僑同士でも騙し合う、一族同士でも騙し合う、ただひたすらに金に貪欲に生きて、財産を作り出した。

成金の華僑は、捨てるほどの金を持ちながら、2世、3世が混沌としながら、まだ貪欲に金に執着している。

下衆な性質を前面に打ち出し、自分以外はゴミとばかりに、高級車で我が物顔でやりたい放題。
人を騙すのは当たり前。
中国語しか離せない移民に安い金で、人殺しもさせる。

華僑に乗っ取られたバンコクの風景は、殺伐としている。

極貧挙がりの成金の中身は極貧根性のまま。
だから、車は高級車。自身がゴミだから、乗ってる優越感で、貴族気取り。でも本音は、売却も高値で売れる。

身に付けるものも同じこと。

苗字が長い華僑、成金莫迦を、近づけてはなりません。
あなたのお金をいつも狙ってます。
高級車を乗り回していても、中身は詐欺師。
罪悪感は持ち合わせてはいません。


https://www.youtube.com/watch?v=6T8T7yv8TSE&list=RDEXzcuOOSgmE&index=27

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
バードの王様の歌 いい時代のタイの風景 音楽とBKKと江戸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる