音楽とBKKと江戸

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016発表会 in Bangkok 

<<   作成日時 : 2016/06/16 14:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

発表会後、すぐに次の構想を一応練る。
なんとなく、ぼんやりと、準備にかかる。

そして、今年も大変な大変な曲決めのときがやってきた。
睡眠を削り、食事時間を削り、何もかも自分の時間を止めて、曲決めに没頭。

オーバーなものいいだけど、一気に決めたほうが、私には楽。
ある程度決まるまでは、生活がそこだけになる。

幸い、手の掛かるのが今は居ないので、仕事以外は、自分だけの時間が取れる。
その自分の時間を全て、曲決めに使ってる。

曲を選択したら、生徒さんたちに知らせて、OKか否かを確認。
だめなら、作業の繰り返し。
他の人とのバランスもある。

そう、このバランスが難しい。だから、一気に曲決めをしたくなる。
年齢、レベル、曲の配分、曲の長さ(分数)、、、要素があり過ぎて、そして私の好みと発表会らしい華やかさを兼ね備えた曲を探す。

やめればいいことなれど、Opening とEnding の曲が、これまた時間を要する作業が待っている。
毎年の恒例になっているのと、ちびっ子族の士気を高める???縦の集団作業って、人生の中でもそうそう経験できることではないと、思うんです。

学生時代に、(幼稚園)小中引き連れて、4年間ボランティア、夏は毎年子どもらとキャンプ生活を送っていたのが、役立っているのか、いやいないだろうけど、私の人生に入り込んでいるのは確実で、だから他の人とは少し違う感覚があるのかも知れないですね。

横道それましたが、このOpening 曲を選択後に、アレンジするのが、これが大変なんですよ。
3歳の子どもから、全員が参加できるように、何かしらの楽器を使わせ、2曲のうちの1曲は、鍵盤楽器を入れる。
そのためのアレンジ。
子どもが耐えられる長さにアレンジ。
ピアニカが使えるように、なるべくハ長調にする。
だめなら、♭X 1、♯X 1 に収める。 ちびっ子には黒鍵なしでアレンジする。
まー、だましだましのアレンジってところです。

さらに、その年のテーマに沿いつつ、インパクトのある曲にすること。

Opening は2曲ともすでに決定。
あとは、楽譜を用意して(楽譜の用意が大変なんですよ)、アレンジするのみ。
フィナーレに打ち込むとしたら、近眼+老眼の私にとっては地獄・・・・・です。

Ending はどうしようか・・・

12月に本気国の生徒さん、すでに不参加表明。
12月までにいつ本気国になるか現段階では???ファミリィ3人。

そんなこんなで、今年の参加者確定数は、今のところ、去年の半分強。
未確認者がいるので、最終では+5人?

久しぶりに少ない人数だけど、いつもより長く時間配分が取れそうなので、現代曲の長さにも、しつこい曲を端折ることなく対応ができることは、嬉しい。

今年は、久しぶりに7分制約を解除できそう。
大人の方、喜んで下さいませ。

会場手配、今から連絡、です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2016発表会 in Bangkok  音楽とBKKと江戸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる