音楽とBKKと江戸

アクセスカウンタ

zoom RSS デング熱でタイ俳優死亡

<<   作成日時 : 2016/01/22 13:52   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

デング熱で、足首を切断、その後肺がおかしくなり、その後次々に感染症が発症し、ついに死に至ったと、ニュースになった。

ネットのデング熱解説では、インフルエンザより死亡率は低く、インフルエンザより安全・・・みたいなことが書かれているけど、そのインフルエンザの話って、いつの時代のこと?

とネット解説見て安心していた私・・・・・
バンコクでデング熱に罹った日本人ブログでも、軽症の方が多かったので、それを見て安心していた私・・・

ところが、身内がデング熱にかかり、その症状の重さに、怖さに驚いた。
そうだった、小僧は免疫力が生まれたときから低かった。そして成人してもなお低い。
親父にかんしては、なんと2度目だと。 場所はチュラかその近辺。(チュラ付属の幼稚園?小学校低学年?家はチュラ近所。 本人記憶なしで、婆さんに1度罹ったことがあると言われたらしい)

2度目の親父より、小僧の方が重症だったよう・・・

しかし、もっと驚いたのが、これがチュラ病院だったら、薬が出て終わりらしい。

それがタイ人、チュラの感覚なのね・・・

だから、私が肺炎で死に損なったほどの重症だったにも関わらず、チュラで医者している義姉に、留学帰りのドクターが最低でも1週間の入院が必要だと言われたのに、即刻退院させられたのね。

自分の旅行保険があるから自分で払うと言ったのに、パヤタイのドクターの話を振り切って退院手続きをしたと、ドクターがご愁傷様的な一言を残したのね。

その後家人が誰もケアしてくれず、3ヶ月も良くならず、何とか日本へ戻って、1度も大きな声を聞いたことのないかかりつけ医へ行ったら、レントゲン見て、3週間の入院レベルで、ホントに死んでもおかしくなかったといわれ、

義姉とお婆に入院させてもらえなかった話をしたとき、初めてその先生に怒鳴られた。
2度とタイへ行くな!と。

そうすれば良かった・・・

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
デング熱でタイ俳優死亡 音楽とBKKと江戸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる