音楽とBKKと江戸

アクセスカウンタ

zoom RSS エボラ出血で思い出すこと

<<   作成日時 : 2014/08/06 03:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

国連軍が動いた後に、感染病が広がるという記事を読んだ。 

皆さんは国連職員にも上下の差があることをご存知だろうか。 

昔、生徒さん父が国連の非正規職員で、同年齢でしかも(日本の)家も近くということで、話す機会があった。 彼はドクターで、鳥インフルエンザで最初に死亡した国連職員(彼と同様非正規)の同僚であった。

バンコク駐在中で、タイ周辺も彼らの管轄範囲であった。


その前に知っていた国連職員は、庶民とは桁が違う待遇の皆様。 給料は高額、日本パスポートなどゴミレベルの特急国連パスポートをお持ちのご家族で、バンコクではメイド代、運転手代、車も国連持ちという、スーパー待遇。

国連職員のことを知ってから、徹子さんが国連に寄付をというメッセージを聞いて、国連職員1人を首にすれば、何万という子どもがワクチンを受けれる、何万という子どもが飢餓から解放されると、呆れていた。

しかし、危険な全線に送られる国連非職員のことを知ってから、国連職員のものすごい差を知った。

給料はもとより、住宅手当の物凄い差に驚いた。

ちなみに、バンコクでは国連職員と日本警察ペーペーの住宅手当は日本最高駐在員の倍は出る。 私たちの税金ですよ。 警察官の待遇も半端ではない。 ベンツが支給され、待遇は国連職員並。 

40未満の奴は、家賃額が高額すぎて、借りれる部屋がないと、ふざけたことを言い放った。


エボラで米国人が感染して、彼が本当に感染したのかやらせかは分からないが、国連でも命を懸けて働かされている非正規職員がいるのは確かである。

ふざけた国連職員、国連軍がはびこっている処では、現地の人間が酷い目にあっているようだ。 

私たちは、日本国内の税金の使われ方にも無関心だが、更に無関心である海外への日本の援助について、あらゆる形で税金を徴収されるだけではなく、その先のことに、犯罪に加担していないかをよーく観察する責任があるのではないだろうか。

どう考えても、日本政府の動向は、一般常識を修正不可能なほどに、逸脱しているように思えてならない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エボラ出血で思い出すこと 音楽とBKKと江戸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる