音楽とBKKと江戸

アクセスカウンタ

zoom RSS 愉快なタイの免許更新

<<   作成日時 : 2014/06/05 00:23   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

タイは要らないところを日本を見習ってる。 免許更新もその1つ。

以前はタイ人は1度免許を取ると、死ぬまで更新する必要がなかった。

それが、罰金制、点数制、免許更新制度で、お金を貯める手段を、日本から学んだ。 とても素晴らしい


考えようでは、免許更新時に、お勉強ができるので、タイ人にとってはいいことかもしれません。

しかし、タイ語の理解能力が低いタイ人が目立つため、試験係官のイライラがピークに達すると、とばっちりが。

日本人だからという理由で、1番最初に待っていた楽しい検査順番を3番にされた。 2人の様子をよく見て真似ろという訳。

しかし、1人目はやっと。2人目がヤバイ。理解できない。1人目を真似ろと言われてもまね出来ない。 それはブレーキテスト。 ぶつかりそうになったらブレーキをかけろ、とタイですから、ゲームセンターより劣ってるシロモノ。 難しい訳もない。 何度か失敗したら更新できないので、係官も面倒だからどーしても出来ないときは、出来ないまま通すか、適当に代理をさせる。 

日本人にお手本を見せる役目が、思いっきりタイ人。 係官がイライラし始めた。 でも出来ないものはしょうがない。 おばちゃん係官、日本人あんたの順番よ。 ハイ、ちゃちゃっと出来た。 

次の検査からお手本なしでいけるねって感じ。

目の検査。  箱の真横に赤と緑。 信号テスト? 箱に顔を突っ込んでする。 

ここでタイ人炸裂。 何人も連続で意味が理解できない=停滞する。
係官の声が荒立ってくる。 声がだんだん大きくなる。やがて罵声に近い声。 あんたタイ人なの? そう彼女は答えを教えているのに、馬さん鹿サンたちは、それさえも理解できずに、延々意味不明の言葉を発していたのだ。

こんな感じで、もう忘れてしまったけど、この馬さん鹿サンたちは、どれも出来ずに、おばちゃん係官は、代理を指名して、適当に試験と検査を流していた。


こんな馬さん鹿サンが運転しているバンコクって、それは尋常ではない恐怖の世界だったんだ。 それを忘れていた。 そうだバンコクでは馬さん鹿サンが運転しているところだったんだ。

改めて肝に銘じておこう。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
愉快なタイの免許更新 音楽とBKKと江戸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる