音楽とBKKと江戸

アクセスカウンタ

zoom RSS 「バンコクフジ2豚肉緑色変色事件」について

<<   作成日時 : 2014/05/27 23:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

バンコクフジ2豚肉緑色変色事件」について
昨日、フジ4の買い物ついでに日本人に問いました。

緑色は、完全に腐敗を意味してるそうです。

翌日の昼で、緑色に変色したということは、購入時にはすでに腐敗していたということになりませんか?

日付の改竄は絶対にしていないと、シツコク説明してました。 

逆に日付の改竄なしで、購入してからたったの14時間後に温度を3度に設定してある野菜が凍る冷蔵庫から取り出したときに、青緑変色豚肉、、、相当ヤバイでしょう。

つまりパック詰めする前は、常温の野外市場と同じ管理方法ってことですか?

フジ4の日本人担当者の話では、

管理がズサンで、商品の劣化は把握していた。 ショーケースを修理して”腐敗”しない温度設定を保つようにしようとしていた。

肉だけでなく、XXXの質も悪く、暫く日本人にアンケートをフジ2で行っていた。

他の日本人からもクレームが相当でていたのではないでしょうか。

つまり、裏側の管理もズサン。肉のショーケースは冷蔵ではなく、単なる陳列棚だったわけです。

何度も牛肉と口にしていたので、牛肉も相当の頻度で腐敗肉を販売していたのでしょう。


とにかく、フジ全体の管理の悪さはよーく分かりました。
其の中で、特にどーしよーもないのが、私が週3は通っていたフジ2だったのです。 フジ3はフジ2から搬入してるという話でした。

今まで肉は購入後必ず、−20度の冷凍庫で冷凍保存し、使う直前に解凍していたので、逆に腐敗ギリギリで変色しなかったのかもしれません。

結論 フジ2,3は生鮮食料品は危険である。
    フジ1、4も安全とは言い切れない。

フジ1の明治牛乳、炎天下に牛乳置きっぱ目撃事件(数回)+ヨーグルト化 もついでに話しておきました。

やはりフジ1はこの暑さの炎天下のお外で、商品が温まる管理法を行っていたようです。 バンコクで日光天日干しは、日本人なら腐敗を招く危険な行為という認識ですが。

郷に従うほど日本人のお腹は強靭ではないので、肉をどこで買うのが安全か。


スーパーの中で1番安いのは、実は昔からモール系、つまりエンポリです。 しかし、駐車場が狭い、暗い、臭いと3拍子揃っているナイスなパーキングぅ なんですよ。 
 

完全に買い物難民です・・・  Bic C の前のカルフールが1番良かった・・・


P.S. 腐敗肉の返金はないです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「バンコクフジ2豚肉緑色変色事件」について 音楽とBKKと江戸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる