音楽とBKKと江戸

アクセスカウンタ

zoom RSS タイお金持ち物語つづき

<<   作成日時 : 2014/03/03 13:49   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

そして、小僧が大学へ入り、ご学友のお金持ちさがUP.した。

半端無い金持ちさが顔を現し始めた。

経済界のドンご子息は、ファミリーネームと豊富な資金をモトに、株で儲け、趣味のワイン輸入会社を作った。ファミリーネームで仕入先は簡単に確保。

Centra Hotel ご子息は、とっとと大学を中退、(知らなかったけど、親父がCentra Hotel のオーナーだと)、ご子息がアジア統括長となり、自家用ジェットで、気が向くままどこかへ出かけ、毎晩パーチー三昧らしい。

センタンワールドのご子息の優雅なお話もびっくりしたけど、上には上が・・・

日本人が良く知ってる水の宅配業者のオーナー、Dタックと、見渡せば・・・である。


レベルの違いに一般日本人母は、すごいねー” で終了。 でも小僧は納得出来ないようだ。

コツコツ働くことが理不尽に見えてしまう。 馬鹿馬鹿しく感じられる。 あまりに身近な出来事にやるせなさを感じているようだ。 

確かに、コツコツ勉強を続けているお坊ちゃまもいる。 小学生の頃から、勉強も出来、余裕がある家庭に生まれ、留学も自由、親に言われて留学したことも理解はしている。
しかし、勉強が危ぶまれた友達が、ファミリーバリューだけで、成功している姿に納得が出来ないらしい。

勉強は出来なくても、商才はあるんじゃないの”と話しても、タイの事情は小僧の方が詳しいので、聞く耳持たず。

親は選べない、と云われてもね。 

ま、それも運。 

でも、困ったら、助けてくれる友達がたくさんいることには違いないでしょ。 それも運だよ!


一昔の話だけど、義父の学友にも、東芝のタイ側TOPしてた太った爺さんやら、皆が知ってる政治家やら、何やら結婚式に来てくれたらしく、この政治家なのか官僚なのか知らないが、その人の写真が、最初のVisaに役立った。 

どういう了見かは知らないが、結婚証明書(婚姻届受理書)見せても、偽装だと言われ簡単にVISA が出ない時代、イミグレの担当官が、写真の爺さんを知っていて、あっさり受理してくれた。

数年早く結婚した友達は、結婚式の写真が新聞にも載ったのに、イミグレ(同じ担当官)で、偽装結婚と言われ、受理されるまでに大変な時間がかかった。

こんな風に、昔も今もタイは横の繋がりが物を言う国。 だから、幼稚園、小学校の学校選びが物凄く重要になってる。
親の考えや、家庭環境が如実に反映される。 公務員はチュラ、余裕のある家は、私立有名タイの学校。 更に金持ちは、古くからあるインター校。 王様のお孫ちゃんが行き始めてからは、カセの小学部も人気だが、金額はTOPとも言われている。

用は、まだまだ進学できる子に限りがあるタイでは、頭は関係なく、コネとお金でどこでも入れる。 だから、蓋を開けたらチュラの半数がコネだったという話が出てくる。

でもRISは、しっかり試験あったよ。 多分高校入試より、G2の試験の方が上。 G2, G3 で入ろうと考えてるなら、がっちり読み書き聞くを。 小学生は、バンバン落第あるしね。

家は成り行きで超富裕層を知ることになったけど、どこの国も同じなんでしょうねー。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
タイお金持ち物語つづき 音楽とBKKと江戸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる