音楽とBKKと江戸

アクセスカウンタ

zoom RSS いけばな小原流 in BKK

<<   作成日時 : 2013/10/13 02:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

生け花を始めてから、かれこれ30年以上の時間を経てしまった。 5年ほど習った頃、どうしてもフラワーアレンジが勉強したくなった。 

その頃はまだプロ養成の本格的な学校しかなくて、費用も100万単位のどえらい金額だった。数年働いた貯金を全部つぎ込んで、学校へ通った。 

暫く花屋開業が夢だった。 朝から夕方までみっちり花と格闘し、数ヶ月耐え、数回の試験も通り、卒業証書をいただけた後、某宮内庁の息がかかった結婚式場へ契約で入り(基本祝土日のみ)、紹介で生花市場兼花屋へ入った。

中堅会社がわんさかある場所+バブリーの時代だったから、花の生け込み1件100万なんて、ゴージャスなものも日常的だった。

そしてあの事件が起きた。 そう花屋経験者なら、お察しつくでしょう。 12月の恐怖の花屋・・・

X'mas と年末とくれば、花に枝モノが半端無い量。 しかもバブル時期。 そして寒さ。 あの日もこれでもかという巨大枝モノと、大きめの枝モノ、その他、散々水揚げしたものを持ち上げたそのとき、やってしまいました。

先輩が、”社長ー、やっちゃいましたー。” ”タクシー乗せて、返せ” と言うわけで、ぎっくりで動けない私を、先輩、同僚お2人に運ばれ、タクシーにうつ伏せ状態で乗せられ、足を曲げたまま、自宅まで・・・

そのときのぎっくりんが原因で、今も頻繁にぎっくりする嵌めに。。。
当然、花屋の夢は、あっという間に木っ端微塵。


でも、フラワーアレンジを勉強したから、いけばなとの相互関係も知ることが出来、それぞれの良さをそれぞれに生かすことも学べた。

業界の裏話も多々勉強?出来た。 何より、実践で働いたことは、大いに勉強になった。

日本のような枝物は、入手しずらいですが、ここでしか手に入らないものもあり、BKKでは、BKKなりのいけばなが出来ます。

お花が沢山使えるメリットもありますから、大きい作品や、琳派など花材をたくさん使うものを、工夫して作品を作り上げるのも、とても楽しい。

平日の出稽古と、土日のレッスンも承ります。

コサージュ、ブーケなどの単発レッスン、アレンジとの併用レッスン、また小原流のお免状・看板取得可能です。


ご連絡は *087-007-5405(3PM-8PMはご遠慮下さい。)
       *bkk.music@outlook.com

宮原 樹芳

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いけばな小原流 in BKK 音楽とBKKと江戸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる