音楽とBKKと江戸

アクセスカウンタ

zoom RSS バンコク ヴァイオリン教室

<<   作成日時 : 2013/09/21 03:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

バンコクで、ヴァイオリンを教えています。 

一応3、4歳からはお受けしていますが、お子さんの身体の大きさ、性格なども大事なことなので、必ずとは限りません。

ピアノと違って、ヴァイオリンを持つ動作、弓を弾く動作、音を作る作業、音を聞き分ける作業など、ヴァイオリンは色々な作業が伴う楽器です。

なにせ、押せば音が出る鍵盤楽器とは違い、自分で正しい音を出さなければならない という楽器だからです。

しかし、ある程度、集中することが出来るお子さんなら、ソルフェージュや♪を読む作業など、楽器を弾く前にしなければならないこともあるので、楽しめるようであれば、3,4歳でもよろしいかもしれませんね。

私は、本来はヴァイオリンを習う前に、ピアノをある程度習っておいた方がいいと考えています。

まず、ソルフェージュ的なことが容易に出来るという利点が大きいことです。 絶対音感を持っていても、それを小さい子どもがしっかり楽器を支えて音を出すのが大変であり、そのため表現することが大変じゃないかなーと思うんです。

ピアノなら、ポーンを鍵盤を叩けばいいわけで・・・

それとヴァイオリンだけだと、最初理屈が無い訳です。 

それから、仮にその子がとても優秀だったら、ヴァイオリンだけではつぶしが利かない。
 
とりあえず音大(芸大)受験には、(古いタイプなので、音大以外の音楽科はわかりません。)絶対ピアノが必要なんですね。 (ソナタが弾ければ、たいていつぶしは効きます。)

それと、音感(ソルフェージュ)も身につければ、もう鬼に金棒ですよ。


小学1年生以上なら、逆に何歳から始めても遅くはありません。 
ピアノに比べ習得にかかる時間はかなり少ないような気がします。

そのため、ピアノを3歳から始め、7,8年後にヴァイオリンを始めて、数年後に名のある音高(音大)に入ってしまう人って結構います。

数年前に受験した生徒さんも、弦を数年習っただけで、音高に合格してしまいました。
しかし、彼女もピアノは長い間習っていました。


こんな訳で、できるなら、ピアノとヴァイオリンは両方レッスンがいいです。 でももちろんヴァイオリンだけのレッスンもお受けします。 ヴァイオリンだけのレッスンをしている小学生もいます。 それと、ヴァイオリン大好きさんは、困ったことにピアノ嫌いさんが確かに多い・・・

芸(残念、吉本ではありません。)の学校・作曲科卒なので、受験(楽典、和声、アナリーゼ、作曲、声楽、副科ピアノなど)のお手伝い出来ます。 

平日は出張レッスンをしています。 3-4時、6-7時、7-8時の枠にそれぞれ若干名募集中です。


不完全江戸っ子おばちゃんですが、こんな私に興味を持っていただけたら、携帯かメールでご連絡下さい。

今のところタイ永住組なので、タイ人の夫と離婚するまでは(子どもが大学を出るまでは)バンコク在住予定です!!!

今日は電話でお問い合わせがあったことを、まとめてみました。

バンコクピアノ教室も参考になれば・・・
手前味噌です。
http://obachan50.at.webry.info/201309/article_1.html

ご連絡は↓まで

携帯  087-007-5405
メール bkk.music@outlook.com

宮原 みゆき 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
バンコク ヴァイオリン教室 音楽とBKKと江戸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる