音楽とBKKと江戸

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013/3/10 発表会の+−

<<   作成日時 : 2013/03/23 04:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

発表会が終わって10日も経っていたのですねー。 5いや6年ぶりの発表会? 今回もみんなが楽しくのモットーは達成できました!

当然、以前の生徒さんは全員本帰国している訳で、今回はMIFAが移転?で会場探しにかなり時間を食ったことが原因で催促はあったけど、なかなか日程を決められなかった。 やっぱり、場所確保が先ですからねー。

BKKはピアノがある公共スペースが皆無。 ゲーテxxx とかAUAとかは、ピアノがあるホールがあるんだけど、AUAは1度使ったけど広すぎる。 とっても寂しい発表会になってしまうので、1度切りとなった。

日本人街から離れた一等地にも発表会ができそうなスペースはあるけど、皆さんが望まれるのは住居の近くなので、どうしてもスクムヴィトの39−55がベスト。 そのエリア内でレストランやら、ホールやら見たけど、お値段が結構張る。

結局 知り合いの紹介で、トンローBTS近くの場所をお借りした。

参加者12名 で、1人最低2曲の披露と決め、それぞれ生徒ちゃんらと相談で曲決め。 事前の合同練習を2回して、合奏と合唱の練習で、いいムードになったかな? かなり頑張った子とそうでもなかった子とそれはいろいろだけど、各自がとてもいい刺激を受けたようで、1つの狙いはOK。 

同学年同士も仲良くなり、Vn族、P族の縦割りも出来そう出し、これで連弾やVnとP(伴奏)も出来る。 

残念なのが、絶対的なピアノの音色がめちゃくちゃ悪い。 ここで日本人がリサイタルを開いたと何度も聞かされて写真も見せられたけど、本当??? と疑いたくなるほどの音質の悪さ・・・  それさえ普通なら文句の付け所がないんだけどねー。 困ったもんだ・・・


新学期からは、希望者には作曲をいよいよ教えるべく、和声も教え、今までのグーチョキパーの前進に入ります。 自分で作曲した曲を、自ら演奏と相成りますか・・・ 

数人の曲は、勝手に私がアレンジを加えたものを演奏したので、生徒も何となく分かったみたいだけど、曲はアレンジ次第で変わる ことが理解できると、そこから和声に発展するので、更に突っ込んだ勉強がそれなりに出来て、こちらの期待も膨らむねー。

最後に、最初で最後のアリア(もう一昨年になるのね。私の先生とのちょっとした約束があって)を歌ったんだけど、上がるのは予想してたけど、予想を遥かに超える緊張で、伴奏弾く手は震えるわ、ペダルを踏む足まで震えた。 いやー、壇上へ上ったときに上がり具合で決めようと考えてた前奏を止めて、いきなり歌と伴奏を同時に始めたのにも関わらず、間奏の時の手の震えを見て、更に緊張して、足の震えも酷くペダルの感覚もなくなり、これがアル中?とフトちらついたほど。 もう声は初っ端から、続かないわ、出ないわ・・・ で、試験でも、実習でもこんなには上がった事がなかったのに・・・ テストなら絶対落されてる・・・ て自ら分かるくらいの上がりっぷりだった。

速攻削除依頼をしたけど、もうVDVのダビングは終了との返答で、私の汚点は全DVDがなくなるまでこの地上に残ることとなった・・・

いろんな発表会を見たけど、参加者全員が笑顔の発表会は初めて見た”と言われたのが今回の1番の嬉しいところでしょうかねー。

やっと正常運転になったところで、すぐに次の発表会の準備に入ります。

次は今年2013年12月の予定です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2013/3/10 発表会の+− 音楽とBKKと江戸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる