音楽とBKKと江戸

アクセスカウンタ

zoom RSS タイ人の葬式

<<   作成日時 : 2012/04/27 02:35   >>

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 2

ここの爺さんが他界した。 タイの葬式は初日が1番大切とのこと。 遺体を防腐剤処理して、顔は緑色になっていた。 右手にジャスミン入りの水をかけながら、最後のお別れ。 理由はタイ人も知らない。(知ってる人が家族にいない。) でも、タイ人と水はホントに切っても切れないものなのね。 そういえば、結婚式もジャスミン入りの水をかけたわ。

王室の水が5時に到着するというので、その前に水かけを済ませなくてなならない。 5時前に参列した希望する全員が水かけを終え、王室の車が到着、親族が並んで、お水をお出迎え。 王室の係の人の指示で、お婆が爺さんに2種類の水をかける。 1つは水(に見える)、もう1つは砂入りの水(なのか、砂色の水か?)。 
その2種の水をかける前とかけた後に、お婆は王室の方向へ向かって、挨拶(王族への挨拶の仕方)。

日本では、葬式にはどんなことがあっても身内は参加するのが当たり前。 しかし、タイは違うようである。 長女不参加、次女の夫=水かけをして数分で退出=ほぼ不参加、弟嫁=子どもを理由に20分で退室。 

服装は日本同様、タイも子ども・学生は制服で問題ない。 しかし、弟の子どもは制服を着用せずに、葬式前に白のドレスを買いに行って着せた。 弟嫁は、白黒のしましまのT-シャツ。 それなのに、表面日本語を話す奴が、小僧の服が、靴が、ネクタイがない と愚だ愚だ、ダラダラ。 タイの葬式に参加したことがある人なら、理解できると思うが、タイは結構いい加減でOK。 最近こそ、黒を基調に着てくるけど、それと年配は喪服を着る人が多いが、後はバラバラ。 流石に赤はちょっと と来てる人は見かけないけど、水紺色のズボンに、白のシャツは、誰が見ても問題はない。  次女の息子と比較する、バカが1人。 こいつホントにその場を取り繕うとするのは、いつものこと。

大騒ぎして、小僧が遅いと帰りを待たずに寺へ。 小僧は直接来た。 でも次女の息子は、バイタクなら5分の距離にある学校から、小僧より30分遅れて到着。 この子たちはバイタク禁止なので、タクシーで時間がかかったのだろうか。 

水かけが終わり、遺体を棺に納めた。 5か所片側に釘を入れ、後はテープで。 何ともタイっぽい。 棺を壇上へ乗せ、花を飾りつけ、線香を所定の場所へ置いて、一旦終了。 後は坊さん待ち。

待つこと2時間、やっと7時半に坊さん4名登場。 お経を4回に分けて、30分かけて祈祷する。 その間に、坊さんへのお礼の品一式とお布施を4名の前に置き、お花とお布施を除いて、係が撤収。 4回目のお経が終わり、各自お花とお布施を持って、坊さん退出。 

これで初日の葬儀終了


2日目  タイ式花輪(生花)がいっぱいになってた。 パコダの小さいのが棺の前に、壇上の下に登場。 カバー付きの椅子も登場。 葬儀会場っぽく変身。 昨日同様7時前後から約30分間、4回に分けて祈祷。 4回の間には休憩が入る。 これが毎日行われる。 逆にいえば、2日目から6日目はこれだけ。 

今日はほぼ喪服。 私は持ってないので黒の服。 日本の喪服をここで着たら、暑くて無理だし、親に買ってもらったものをここへ持ってくるのもね〜。 屋台で夕飯食べようかとも思ったけど、暑さで止めた。 昨日、電話におカネを入れようと7−11を探して、少し歩いて、その夜何十年振りに喘息の軽い版が出てしまった。 やはりラマ4は、というよりBKKはホントに空気が悪い証拠。 (ラマ4がBKKで1番空気が悪い場所だと新聞で知った。)

その後すぐに知り合いが来て、いろいろ話が出来た良かった。 日本でも親たちが久しぶりに知り合いにあって嬉しいように、葬式って知り合いに会えるのが1番の楽しみですよね。 今回のようにもう大往生だと、形なので。

私を睨む2つの顔を発見! なんて厭らしい下品な顔。 生であれだけ形相&目ツキの悪い人間を、初めて見た。 悪行三昧が身体全身から漂っている。 何故か、誰1人と家族と接触していない。 外道親子満載。 (facebook 見た人から、電話来た。 怖すぎると。 あっちの方がホントだから。)

私が急死した場合は、この親子に殺されたと思って下さい。 ヤラレル前に、姿を消すか・・・

おやじを見て、嫁のあれほどの下品さが理解できたわ。 バカ小僧の下品さが私をみて納得したと言われる前に、あのバカとは縁を切らないと。  

やはり、ここタイでも家族は全員が毎日参加するのが、当たり前だそうです。(常識あるタイ人の見識では) 特に初日と最終日はmust だよ だそうです。 そりゃそうだよねー。 外国人の私でさえ、キャンセルしてるのに、この家の人間って感謝という欠片もない。 参列して文句言われる筋合いじゃないんだよ。 塵ほどでもいい、常識を持ってくれとは言わない。 知ってくれ!!

3日目 長女やっと参加。 明日一緒に喪服買いに行ってくれる?だって。 50半ばまで、葬式に出たことないの?いくら黒でもそのスカートは??? 飲み屋じゃないんだから、それを着てったんだ・・・ 人のこと言えないけど、普通持ってるでしょう?? (私も日本にはあるよ。 ホントはないこともないんだけど、アイロンが面倒だし、成長してしまったので・・・) えー、明後日 一緒に買いに行かされるのーー。 はぁ・・・

無職が2人もいるでしょ?? 皆さんが尊敬してるダークメーバーン(嫁)に何故頼まないかなー。 無職弟に、実の妹も土曜日は休みでしょ。 そうなの、どこで喪服が買えるか誰も知らない。 だから、セントラル チットロムにあるって言ったでしょ。 ババアが3千バーツでどこででも買えるって言ってんだから、ババアと買いに行けよ。

え、寺へ行く前に全員夕飯食べたの〜 

つづく

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「タイ人の葬式」について
「タイ人の葬式」について 葬式今日で7日目。 最初の予定では、次女の話では、今日の夜火葬して終わりのはずだった。 というより、次女も夜火葬できると思っていたのだろう。 知らなかったのね。 ...続きを見る
音楽とBKKと江戸
2012/05/01 01:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
明け方から小僧と2人で、食中毒。原因は昨夜の夕飯。外で食べてないからね。小僧は外で食べてるから??

下痢と吐き気を押さえ、6時ぎりぎりまで寝てから、速攻で寺へ。ぎりぎり間に合った。 江戸の大学であった人とは約30年振りにあった。 互いに太ってた。 数十年振りに会った人たちは、意外にも年齢を感じさせない。 今日は下痢にもめげずに行ってよかったよ。

今日もUnder World オヤジが、またダーク嫁と私を確認していた。 こっちも観察したが、Underの人が好む指輪に金ネックにポロシャツ。 一応身内で、このイデタチはどうよ? 仮にも堅気っぽい服着ればいいのに、全身(モチ顔に臭いと)XXXプンプン。 

爺さんの葬式だからいいけどさー、タイ人ってホントに写真好きだよね。棺の前でピース。 椅子に座っておしゃべりしているところを、笑顔でカシャ。 友達、知り合い同士でカシャ。 こんな風景は他の葬式では見たことないので普通かどうかは??

月曜日に火葬するって言ってたけど、変更になったみたい。ただ、葬儀内容を書いた看板に月曜以降のことがまだ書いてない。 もしかして、更に3カ月の延長葬儀?

ヤメテよねーー。それだけは・・・

新聞にも出た、スタポン元BOI長官の葬儀もまだまだ終わってない。延長は主に家族だけだと思う。 そこまでは出たことないので?? 

そうそう、スタポン氏の葬儀は、ケータリングで、ホテルのブッフェ風の食事内容だった。 食べたかったけど食べないで帰った。 あれは、かなり金掛けてる葬式だった。 しかも香典は全額寄付。 奥さんもあっさりしてる人だけど、やることがあっぱれだねー。

あー、心気くせ〜葬式とは違うぜ。
おばちゃん
2012/04/29 02:01
大事なこと。タイは相続税がない。財産は全部守られている。 これは、国が発展するために、必要なこと。しかし、日本は窃取することに国が全力を挙げている。バカバカしいこと。 

タイは爺さんが死んでも呑気でいられるいい国です。
爺さんのサイン権を移せばいいだけ。 

日本の郵貯・銀行なんて物凄く五月蠅いよ。意外にも郵貯なんて、嫌がらせまでして、預金を下ろさせないようにするんだよ。 備えあれば憂いなし でもうちの爺さんがっちり握ってんだよねー。 老いては子に従え って娘の言うこと聞け〜〜
おばちゃん
2012/04/29 03:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
タイ人の葬式 音楽とBKKと江戸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる