音楽とBKKと江戸

アクセスカウンタ

zoom RSS 昔のBOI長官の葬式

<<   作成日時 : 2012/02/05 20:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

BOI歴代の中でも、群を抜いて力のあった人。 頭も切れる人で、気取りもなく、私も好きだった。 その当時の政治家とも対等にやり合って、自分は曲げない人だった。 BOIの長官をしながら、政治の中枢にも居た。 政治家からも睨まれていて、政治のポストから何度も外されながら、誰なのか物凄い後ろ盾がいつの間にか、ポストに付けていた。 だから、この人がバリバリの頃は、BOIのセミナーには、必ず首相が長官と一緒に来てたね。 そのおかげで、3人くらいの首相をまじかで見ることができた。 

何でも退官してから、暫くして病気になり、長いこと闘病生活を余儀なくされていたという。 ま、前置きは置いといて、 BKKでこんなに洒落た葬儀会場、って普通のお寺だけど、飾りが違う。 花は白とグリーンを基調にして、クレッシェンドもあちらこちらに散らし、とにかく素敵。

普通は棺が置いてあるんだけど、パコダが真中に置いてあって、その中に遺体が安置されてると云う。 もちろん壇上にもお花があり、王族全員からそれぞれのマークがついてる楕円形に造花をきれいにあしらってある、後々飾り物として飾れるようにしてあるのかな?のが、両サイドに置かれ、パゴダの前に勲章が飾られていた。 王族のは、王様が黄色(2つあった)、王妃がブルー、その他、紫とか、これは誕生日の色。 

功績を残した人は、王族から、火が送られて、それを点けて、荼毘に伏すんだけど、王族全員のマークが並んでいる壇上は初めて。 しかも香典は全額、タマサート病院へ寄付すると、スタッフが来ていた。 

よくバイクで走ってるお花の輪っかはお断りを出しても、普段見掛けるものより、数段素敵なお花だった。 アピシットさん(全首相?) と、全BKK知事のは、意外にも普通だったけど。 

今日は奥さんと、秘書さんに会えればよかったので、早くに行って、会ってすぐ帰ってきたけど、なんかご飯も美味しそうだった。 失敗した。 やはり、普通の時間6時ころに行って、皆さんに挨拶して、ご飯も頂けばよかったな〜。

カメラを持っていけばよかったと思うくらい素敵に飾ってあって、 教会の結婚式の豪華版って感じでした。

そうそう、これも初めてだけど、向こう100日、お寺を移動して、毎週日曜日に葬儀を続けるんだって。 秘書さん、頑張って下さい。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
昔のBOI長官の葬式 音楽とBKKと江戸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる